新築でも油断禁物!ゴキブリはどこから現れる?侵入経路と予防法まとめ




突如となくカサカサと現れる黒い物体。


目を凝らして見ると、そこにいるのは人類の宿敵ともいえるGことゴキブリです。


新築ならGの心配はないから大丈夫♪♪なんて安心してませんか? ナメちゃいけません。油断していれば新築でもGは現れます!!


新しい家に住み始めて早々、ゴキブリなんかに悩みたくないですよね。


なぜ、新築でもゴキブリは現れてしまうのでしょうか? 一体どこから現れるのか?


知っておけば怖くない!! 新築におけるゴキブリの侵入経路と予防法をまとめました。


どこから現れる?新築でも油断できないゴキブリの侵入経路


新築といえば綺麗なイメージがあり、ゴキブリといえば汚い場所に現れるイメージがあります。


これらを聞くと、新築とゴキブリは一見無縁のように思われますよね。


しかし、新築だからと油断してはいけません。


むしろ新築だからこそ存在する盲点があります。


本段落では、新築でゴキブリが現れる理由、侵入経路をまとめました。


新築だから現れる?ゴキブリは暗い場所を好む


新築は中身こそ綺麗ですが、ゴキブリが好む条件が1つだけ整っています。


それは、入居前の段階で家が暗くなりやすいということです。


入居前の新築物件は、人の出入りが少ないため明かりがつくことはありません。


そして、ゴキブリは明るい場所よりも暗い場所を好む傾向にあります。


なぜなら、暗い場所にいることで、人間の目から逃れやすくなるからです。


暗いから好きというよりは、安全という意味合いが強いでしょう。


いずれにせよ、暗くなりやすいということから、ゴキブリの発生条件を満たしているのです。


高湿度の場所を好む


新築の家は戸締りをしている時間が多く、換気が十分にされていないため、湿度が高くなりがちです。


そして、ゴキブリは湿度の高い場所ほど活発に動き回ります。


一般的には、60~80%の湿度で活動できるとされ、最も好む条件は85%~100%とされています。


そのため、湿度が高くなりがちな新築とゴキブリは相性が悪いのです。


上記の暗い場所を好むということを加えると、いっそうゴキブリが発生しやすくなります。


玄関が開きっぱなし


定番ではありますが、玄関を開いたままの時間が続くとゴキブリの侵入を許してしまいます。


特に引越し時は、玄関の扉を開けた時間が続いてしまうため、ゴキブリが入りやすい状態です。


「扉を開いたままでも、黒い物体ならすぐに気付けるよ」と思う人もいるでしょう。


しかし、赤ちゃんゴキブリは蚊並みにサイズが小さく、視力が悪いと中々気付くことができません。


侵入した赤ちゃんゴキブリが成長し、誰もが嫌がる黒い物体として目の前に現れます。


ベランダ


玄関と同様、ベランダもゴキブリの侵入経路として挙げられます。


洗濯物を出し入れする際に窓を開けた時間が続くと、侵入してしまうことがあります。


この時、「ベランダは2階だから大丈夫では?」と安心する人もいるでしょう。


しかし、ゴキブリは最高でも5m程度は飛ぶことができ、2階程度の高さなら侵入できます。


また、飛ぶことはなくても壁を上って侵入するケースもあります。


ベランダだからと油断は禁物です。


引越しの荷物にくっ付いている


荷物にくっ付いていることに気が付かず、引越し時に運んでくることがあります。


また、ゴキブリ本体が居なくても卵を産み落としていることも珍しくはなく、産まれたゴキブリが新築で繁殖するケースがあります。


こちらも意外と盲点なので、荷物を収納する際は細かくチェックしておきましょう。


排水管から侵入する


洗面所や洗濯機、浴室、キッチンなど、家のあらゆるところに排水管は存在します。


排水管といえば、本来は水が流れているため、侵入は不可能に近いです。


しかし、新築時の場合は水道が開通されておらず、排水管の内部は空っぽとなっています。


そのため、外からゴキブリの侵入を許してしまいます。


昨今では排水管のパイプをS字型にして対策していることが多いですが、全部の住居とは限りません。


パイプが真っ直ぐの場合は侵入されやすいので、経路を防ぐ必要があります。


換気扇


換気扇もゴキブリの侵入経路の1つに挙げられます。


換気扇は細かい網目に囲まれているので、ゴキブリは侵入できないと思われるでしょう。


しかし、ゴキブリは細かい隙間であっても余裕で侵入できます。


なぜなら、ゴキブリは3mmの隙間さえあれば侵入できると言われているからです。


そのため、細かい網目でも侵入できてしまいます。


換気扇が作動していないときを狙って、ひっそり侵入するので要注意です。


エアコン


夏や冬で必ずお世話になるエアコンですが、皮肉なことにゴキブリの侵入経路の1つに挙げられます。


換気扇と同様に作動していないときを狙い、エアコンのホースを通すための壁の隙間から侵入します。


近所で害虫駆除を行った


こちらは稀なケースですが、近所の家で害虫駆除が行われていると、自分達の家に影響を及ぼす場合があります。


バルサンや燻煙剤といったアイテムを撒くと、ゴキブリは危険を感じて、その場から逃げ出します。


そして、安全地帯である別の家に逃げ込むというイメージです。


もし、新築にゴキブリが出現した場合は、もしかすると近所の家が運悪く駆除を行った可能性が考えられます。


家の近くに飲食店がある


有名な話ではありますが、ゴキブリは人間の食べ物を好みます。


なぜなら、ゴキブリは雑食性といって、動物性の植物や植物性の食べ物と色々な物を食べられるからです。


そのため、いくら清潔を保っていても、食料を大量に扱う飲食店は、ゴキブリ発生のリスクを高めてしまいます。


そして、飲食店に釣られた影響で近隣の建物に向かっていくこともあり、運が悪いと新築の家に侵入します。


ゴキブリ禁制!侵入を防止する8つの対策法


このように、新築でもゴキブリの侵入経路は多数存在することが分かりました。


その中で、ゴキブリを侵入させないためには、どうすればいいのか?


本段落では、ゴキブリの侵入を防止する8つの対策法をまとめました。


一網打尽!燻煙剤を使用する


燻煙剤は、ゴキブリに有害な煙や霧を撒き散らすアイテムです。


部屋中に行き渡るので、隠れているゴキブリも駆逐することができます。


ゴキブリ以外にも、ダニなどの害虫にも有効なので、心配な人は入居前に撒いておくとよいでしょう。


燻煙剤を使用する際は、本来なら家具にビニールをかけるなど準備が必要ですが、入居前であれば荷物も置かれていないので、スムーズに行えます。


また、燻煙剤は基本的に人体に害はないとされていますが、煙を直接吸い込むと噎せてしまうことがあります。


特に小さなお子様やペットは要注意です。


煙を撒いている最中に部屋に入らないのはもちろんですが、終わった後もハンカチなどで口を抑えながら部屋に入り、まずは換気を行いましょう。


ゴキブリが嫌いな匂いをばら撒く


人間にも嫌いな匂いがあるように、ゴキブリにも嫌いな匂いはあります。


ゴキブリ対策を専門とするゴキラボの調査結果によると、以下のように挙げられています。


・レモングラス

・ハッカ油

・ユーカリ

・ラベンダー

・ティートゥリー


参照元:ゴキラボ


そのため、上記の成分が含まれたスプレーを振りまいたり、芳香剤を置いたりするとよいでしょう。


ただし、ゴキブリ対策にはなっても、別の虫を呼び寄せる可能性があります。


利用する成分のことは、事前にリサーチしておきましょう。


侵入経路を防ぐ


ゴキブリは細かい穴からも侵入できる強者ですが、完璧に防いでしまえばさすがに侵入できません。


例えば、扉と床の間に隙間があれば、テープなどを用いて徹底的に塞いでしまいましょう。


ホームセンターに行けば専用の隙間テープが販売されているので、一度探してみてください。


生ごみは早めに廃棄する


先ほども解説しましたが、ゴキブリは人間の食べ物も好みます。


生ごみを放置したままだと寄り付きやすくなるので、生ごみはなるべく早めに廃棄しましょう。


ごみ箱は綺麗にしておく


生ごみに限らず、ごみ箱は都度綺麗にしておきましょう。


あまりゴミの量が少ないと、捨てるのが面倒に感じてしまいますが、ゴキブリからすれば知った話ではありません。


地域ごとにごみ回収の日があると思いますので、その時に捨てるのが理想です。


ダンボールや新聞紙は早めに廃棄する


ゴキブリは雑食性と話しましたが、その範囲はダンボールや新聞紙にまで及びます。


ダンボールや新聞紙が溜まっていると、その中に潜んでいることがあります。


中には、捨てるのが面倒だからとクローゼットや倉庫の中に溜め込む人もいますが、なるべく早く捨てましょう。


毎日掃除を行う


ある意味当たり前ではありますが、掃除は毎日行いましょう。


部屋が汚いのはもちろん、特に髪の毛が落ちていると、ゴキブリが寄り付きやすくなります。


毎日行うのが大変な場合は、簡単なモップがけや雑巾がけでも構いません。


地道な対策が大きな対策に繋がります。


毒が入っている餌を設置する


定番ではありますが、毒が入っている餌を設置して撃退するのも1つの方法です。


侵入防止というよりは侵入後の対策法ではありますが、やっておいて損はないでしょう。


まとめ


ゴキブリは新築に限らず、極力出会いたくないものです。


今回は新築に重点を置いて解説しましたが、原因および予防法を理解しておけば、年月が経っても役立てることができます。


せっかく住むマイホームで嫌な思いをしないためにも、今回お話した内容を活用いただければ幸いです。


茨城県でオシャレな家を建てるなら完全自由設計の株式会社RISE(ライズ)



茨城県つくばみらい市の小さな工務店【株式会社RISE(ライズ)】は、元プロキックボクサー・大工歴20年・2児のシングルファーザーの育メン社長が「もっとオシャレでカッコいいデザイン住宅を建てたい!」との思いで始めた会社です。 ちょっと人見知りで口下手な社長ですが、お気軽にお問合せください^^


 

茨城県つくばみらい市 【小さな工務店】 🏡株式会社RISE🏡 新築住宅・リフォーム、店舗回収etc... お家の事ならライズにお任せください‼️ ライズでは一緒に働きたい職人さんも随時募集中です😊 お気軽にお問合せください✨✨ ☎︎0297-37-6477


 

閲覧数:24回0件のコメント