新築時の悩み!注文住宅と建売住宅の違いは?メリット・デメリットまで解説



茨城県つくばみらい市にある完全自由設計の工務店「株式会社RISE」です!


新築を購入する際、注文住宅か建売住宅の2択に迫られます。


どちらを選ぼうか悩んでしまいますよね。


しかし、それ以前に「注文住宅と建売住宅の違いは?」と思う人もいるでしょう。


選ぶのであれば、双方の違い、メリット・デメリットをハッキリさせておきたいところです。


そこで本記事では、注文住宅と建売住宅の違いを分かりやすくまとめました。


注文住宅と建売住宅!2つのタイプに迫る


早速ですが、注文住宅と建売住宅の概要を見てまいりましょう。


●注文住宅とは?


注文住宅とは、工務店やハウスメーカー、設計事務所などに依頼をし、土地探しから設計、建築まで一から家づくりを行うものです。


一から作るので、間取りや壁紙、フローリング、タイルなどの内装材や外装材を始め、キッチンやバスルーム、トイレなどといった屋内の設備も細かく決めます。


いわゆるフルオーダーです。


ただ、業者によっては間取りや設備など、一部だけは決められているタイプや業者側が定めた複数のパターンから選ぶものなど、セミオーダー式のケースもよくあります。


拘りたい部分はあるけど、全部を決めるのは大変という人に向いたやり方と言えるでしょう。


●建売住宅とは?


続いて建売住宅とは、土地と建物がセットで販売されている住宅のことです。※分譲地に建てられている場合は、分譲住宅と呼ばれることもあります。


住宅の完成後に販売されるものから建築中に販売されるものなど、複数のパターンがございますが、いずれも設計は決まった状態です。


そのため、間取りや設備の配置図を考えることなく、家の購入手続きに進めます。


注文住宅のメリット・デメリット


では、注文住宅と建売住宅をもう少し深掘りしてみましょう。


まずは、注文住宅のメリット・デメリットから触れてまいります。


●注文住宅のメリット


注文住宅のメリットは、以下の通りです。


・一生の宝物!自分の理想の家づくりができる

・ワクワクが止まらない!建築プロセスを確認できる

・拘りにメリハリを付けられる


注文住宅は家の設計から進めていくので、自分の理想の家を作ることができます。


拘りに拘り抜いて完成した家は、まさしく世界に1つだけの家といっても過言ではありません。


また、家を建てる際は、その都度建築プロセスを確認できます。


自分が考えた家が着々と完成していく様子に、ワクワクを隠せません!


さらに、注文住宅では拘りへのメリハリも付けやすいです。


例えば、拘りが薄いものや優先順位が低い部分は無くしたり減らしたりできます。


逆に必要な部分や優先順位の高い部分にはお金をかけるといった感じで、融通を利かせられます。


●注文住宅のデメリット


注文住宅のデメリットは、以下の通りです。


・オプションに拘ると予算オーバーする

・入居までの時間が長い

・完成まで実物を確認できない


注文住宅は拘ることができる分、そればかりに目がいってしまいます。


その結果、予算の範囲に収まり切らないこともあるでしょう。


また、土地探しから設計、家づくりとプロセスが長いので、入居までに時間が掛かることも頭に入れておかなければなりません。


後は一から作るため、完成まで現物を確認できないというデメリットもあります。


ただ、設計図などを通して大まかなイメージを確認することならできます!


建売住宅のメリット・デメリット


続いて建売住宅のメリット・デメリットを見てまいりましょう。


●建売住宅のメリット


建売住宅のメリットは、以下の通りです。


・スムーズに購入、入居まで進められる

・建物の外見や中身を把握した上で購入できる

・予算を抑えられやすい

・住宅ローンを土地と建物で一括にできる


建売住宅は、建物が完成しているケースが多いため、スムーズに入居を行えます。


外見や中身も確認できるのは強みです。


他にも、打ち合わせ費用や工事の申請や計画に発生する費用など、細かいコストをカットできて予算を抑えられるという特徴もあります。


後は住宅ローンを土地と建物で一括にできるのもポイントです。支払い面が複雑にならないのもメリットではないでしょうか。


●建売住宅のデメリット


建売住宅のデメリットは、以下の通りです。


・自分好みの家にできない。後で不便な思いをすることも

・分譲地は同じような形の住宅が多い。個性がない

・人の足跡が気になる


建売住宅は既に完成しているため、自分好みにカスタマイズできません。


分譲地のように複数の住宅が並んでいる所は、同じような形をした住宅が多く、個性を感じられないでしょう。


また、完成した家は、他の人も見学していることがあります。


他の人の形跡に少し抵抗を感じることもあるでしょう。


あなたはどちらの住宅に向いている?


ここまで注文住宅と建売住宅について解説してきました。


ただ、自分にはどっちのタイプが向いているのか・・悩んでしまいますよね。


本段落では、おさらいの意味も含め、それぞれの住宅に向いている人をまとめました。


●注文住宅に向いている人


以下に該当する人は、注文住宅が向いているでしょう。


・家づくりに強い拘りがある

・特に急いでいない

・予算の調整が得意


「世界に1つだけの家を手に入れたい」、「間取りや設備の配置場所は自分で選びたい」など、家づくりに強い拘りがある方は、注文住宅とこの上なく相性がいいでしょう。


後は建築に時間が掛かることや予算のオーバーを想定し、新築完成に余裕の持てる方や予算の調整が得意な方も注文住宅には向いています。


●建売住宅に向いている人


以下に該当する人は、建売住宅が向いているでしょう。


・余計な事を考えず、スムーズに新築を購入したい

・家のデザインに特に拘りがない

・予算を抑えたい


間取りや中のデザインなど、あまり余分な事を考えたくない方は建売住宅のほうが向いているかもしれません。


費用も注文住宅に比べて費用を抑えられやすいので、予算を考慮したい方は建売住宅を検討されてはいかがでしょうか。


まとめ


注文住宅と建売住宅共にメリット・デメリットがあります。


新築を建てる際は、双方の用途を慎重に見極めた上で決めましょう。


また、株式会社RISEの注文住宅では、注文住宅のメリットを生かしつつ、お客様の要望と予算を考えたプランを提供させていただきます。


お客様に寄り添って、お客様の求める理想の家を建てることができれば幸いです!


新築にご興味のある人は、ぜひ一度弊社にご相談ください(^^)♪




閲覧数:18回0件のコメント