新築を建てる時に知っておきたい!ベランダとバルコニー、テラスの違いまとめ




「ベランダはこんな感じがいい」 「バルコニーの広さは、このくらいを希望」 「広いテラスを入れたい」 など、普段の会話でもよく使われている言葉ですね。


・ベランダ ・バルコニー ・テラス

これらは、名称が違うだけで全て同じ意味では?と捉えている人も多いのではないでしょうか。


しかし、いずれも定義は異なります。


それぞれの違いを知らないで注文してしまうと、新築が完成した時に「自分のイメージと違っていた」なんていうことも起きかねません。


そこで本記事では、ベランダとバルコニー、テラスの違いを解説したいと思います。


ベランダとバルコニー、テラスの違いは?それぞれの定義を解説


早速ですが、ベランダとバルコニー、テラスの違いに迫っていきましょう。


それぞれの定義をまとめました。


ベランダ


ベランダとは、建物の外に張り出した屋根付きのスペースのことです。


2階以上であれば、周囲が縁に囲まれて手すりが付いています。


後述するバルコニーやテラスのように階数を問わず、屋根付きというのが特徴です。


バルコニー


バルコニーとは、2階以上の建物の外に張り出した屋根なしスペースのことです。


2階以上なので、ベランダと同様に周囲が縁に囲まれて手すりも付いています。


マンションの広告などで屋根が付いているにも関わらず、バルコニーと記載されるケースもあるため、ベランダと間違われやすいです。


テラス


テラスとは、1階の床から同じ高さで建物の外に張り出された屋根なしスペースのことです。


家の庭にタイルなどの板を詰めることで、地面よりも一段高くなり、リビングやダイニングと連携されているのが特徴です。


また、基本的に屋根のないスペースを指しますが、紫外線や雨などの対策で独自に屋根を設置することもできます。


例えば、駐車場に設置されているカーポートのようなイメージです。


新築時の参考に!ベランダとバルコニー、テラスのメリット・デメリット


ここまでの解説で、3つの違いを大まかに理解できたのではないでしょうか?


ただ、「どれを選ぶべきか?」と聞かれると少し悩んでしまいますよね。


そこで本段落では、ベランダ、バルコニー、テラスのメリット・デメリットをまとめました。


スペースを選ぶときの参考になれば幸いです。


ベランダのメリット・デメリット


ベランダのメリットは、屋根による恩恵を受けられることです。


屋根があれば雨を防いでくれるので、急な悪天候に見舞われても洗濯物が濡れるのを防止できます。


また、紫外線の威力を和らげてくれるのもポイントです。


この時、「服を乾かすのなら、紫外線を受けたほうがいいのでは?」と思う人もいるでしょう。


しかし、紫外線を浴びすぎると、「衣類の素材が傷む」や「色褪せ」などの原因に繋がります。


そのため、紫外線の威力を抑えてくれる屋根は不可欠です。


対するデメリットは、採光しづらいことでしょうか。


紫外線を防げる分、採光もしづらくなるため、洗濯物が若干乾きにくくなります。


バルコニーのメリット・デメリット


バルコニーのメリットは、太陽の光を存分に浴びられることです。


太陽の光を浴びながら、2階でのんびりとくつろぐ時間は至福のひと時と言えるのではないでしょうか。


また、採光しやすいため、洗濯物の乾きが早くなるのもポイントです。


広い場所であれば、家庭菜園やバーベキューも楽しめるでしょう。


対するデメリットは、屋根がないことによる天候の弊害を受けやすいことです。


雨漏りや紫外線を直接受けるなど、洗濯物を干すときは特に気を付けなければなりません。


テラスのメリット・デメリット


テラスのメリットは、外の広い空間の中で景色を眺めたり食事を楽しんだりしてくつろげることです。


太陽の日差しを受けながら、うっとりすることもあるでしょう。


他にも洗濯物を多く干せたり、お子様の遊び場として使えたりします。


また、1階なので、お子様が遊ぶときの安全性も高いです。


一方、デメリットは日差しや雨の影響を受けやすいということでしょうか。


材質によっては劣化が早く、せっかくのテラスが台無しになります。


独自に屋根を設置したり良い材質を選んだりすることで対策はできますが、今度は金銭面で負担がかかります。


テラスを設置する場合、相応のコストがかかることを頭に入れておかなければなりません。


他にもある!ルーフバルコニーとデッキ


本記事では、ベランダ、バルコニー、テラスの3つを解説してきました。


しかし、3つ以外にも用途の異なる名称が存在します。


ルーフバルコニー


ルーフバルコニーとは、下の階のスペースを外に設けることです。


2階以上に設置されることが前提で、ベランダやバルコニーのようにスペースが屋外に出るわけではありません。


基本は屋根を付けず、屋根を付けた場合はインナーバルコニーと言います。


下の階のスペースを活用するので、必然的に屋内の面積は狭くなります


ただ、建物外にスペースを設ける必要がないため、家の面積を削減できます。


普段あまり2階を利用しない物件や、3階建ての物件に向いているでしょう。


デッキ


デッキはテラスと同じく、1階の床から同じ高さで建物の外に張り出された屋根なしスペースのことです。


船の甲板を連想しており、材質は基本的に木板が使用されます。そのため、ウッドデッキと言われることもあります。


また、テラスのように屋根を取り付けることは少なく、甲板を彷彿させることからスペースは広めです。


テラスは庭の一部に対し、デッキは室内の延長といったところでしょうか。


1階の外により広いスペースを設けたい人は、デッキを検討されるとよいでしょう。


まとめ


では、最後にもう一度ベランダとバルコニー、テラスの違いおさらいをしていきましょう。



一見同じに思える外の構造ですが、こうして確認すると細かい違いがあります。


それぞれにメリット・デメリットがありますので、用途を理解した上で検討しましょう。


細かい違いを理解しておくことで、新築を建てたり探したりする際に、イメージと違っていたという失敗をせずに済みます。


茨城県でオシャレな家を建てるなら完全自由設計の株式会社RISE(ライズ)


茨城県つくばみらい市の小さな工務店【株式会社RISE(ライズ)】は、

元プロキックボクサー・大工歴20年・2児のシングルファーザーの育メン社長

「もっとオシャレでカッコいいデザイン住宅を建てたい!」

との思いで始めた会社です。


ちょっと人見知りで口下手な社長ですが、お気軽にお問合せください^^


茨城県つくばみらい市 【小さな工務店】

🏡株式会社RISE🏡

新築住宅・リフォーム、店舗回収etc...

お家の事ならライズにお任せください‼️

ライズでは一緒に働きたい職人さんも随時募集中です😊

お気軽にお問合せください✨✨

☎︎0297-37-6477







閲覧数:20回0件のコメント