新築でハウスダストや体調不良!?シックハウス症候群の可能性が高いです


ハウスシック症候群の原因と対処法

新築に引越した後に、ハウスダストや体調不良に悩む方は少なくありません。


もしかしたらその症状【シックハウス症候群】かもしれません。


・シックハウス症候群とは?

・シックハウス症候群の原因は?

・シックハウス症候群の対処法

・現在の日本におけるシックハウス症候群


といった、シックハウス症候群についてまとめました。


「既に新築のハウスダストや体調不良で悩んでいる」方や「これから新築に引越す予定がある」方は、ご参照ください。


新築にありがち?シックハウス症候群とは?




シックハウス症候群とは、家の建材などで使われる化学物質やダニ・ホコリなどが原因で体調不良を起こす症状です。


これが家ではなくビルなどで起きると、シックビル症候群と言われることもあります。


シックハウス症候群の症状は人それぞれ異なり、厚生労働省によると以下のような事例が報告されています。


・鼻の乾燥、鼻水、刺激感

・目のかゆみ、チカチカ、涙目

・喉の乾燥

・唇の乾燥

・咳

・じんましん

・湿疹

・皮膚の紅斑

・かさかさ

・吐き気

・嘔吐

・目まい

・頭痛

・疲労感


参照元:厚生労働省


このように、ハウスダストのような症状から風邪のような症状まで様々です。


シックハウス症候群の原因は?


シックハウス症候群は、住宅の高気密化が進んだことで、化学物質による空気汚染や高湿度によるカビやダニの繁殖が原因とされています。


シックハウス症候群が注目されるようになったのは、1990年代頃と割と最近です。


日本の住宅というのは、元々ふすまや彰子、畳、土の壁などが中心に使われていたので、床下や天井も通気性が良かったため、シックハウス症候群とは無縁でした。


ところが、時代が経つにつれて、断熱性や気密性に拘って作られた住宅が増えてきました。


断熱性や気密性が優れることで、外気の影響を受けにくく、夏は暑さ・冬は寒さ対策ができます。


しかし、それによって換気が行われにくくなり、二酸化炭素濃度が高くなったりダニやホコリが室内に留まったりするようになりました。


同時に、短期間で施工できる化学物質を含んだ建材や塗料も普及しました。


このように、住宅環境の変化や化学物質の普及による空気環境の悪化が、シックハウス症候群を起こす引き金となったのです。


●新築やリフォーム後ほどシックハウス症候群は起きやすい?


家を建てた直後や改装した直後など、作業完了から日程が経っていないほど、化学物質の揮発が多いとされています。


そのため、新築やリフォーム後ほど、シックハウス症候群に悩む人が多いそうです。


しかし、必ずしも新築やリフォーム後の住宅で起きるとは限りません。


例えば、普段の生活で使うイスやカーテンなどの家具にも化学物質は使用されています。


既存住宅でもシックハウス症候群が起きることはありますので、覚えておきましょう。


シックハウス症候群の対策法


せっかく新しい家に住んでも、シックハウス症候群に悩まされては意味がありません。


新築で快適な生活を送るためにも、シックハウス症候群の対策を抑えておきましょう。


本段落では、以下4つの理由をまとめました。


・窓を開けて換気を行う

・空気清浄に役立つアイテムを活用する

・掃除はなるべく毎日行う

・日光を積極的に取り入れる


1つずつ見ていきましょう。


●窓を開けて換気を行う


シックハウス症候群は、空気が密閉しているほど発症するリスクが高まります。


建築基準法の改正案で、2003年7月以降着工する全ての建造物に常時換気を行える24時間換気システムの設置が義務化されました。


しかし、換気システムがあるからといって、完璧に空気を入れ替えられるわけではありません。


空気を効率的に入れ替えるには、窓を開けて自然の空気を直に取り込む必要があります。


寒い冬などは窓を開けるのに抵抗があるかもしれませんが、健康のためにも必ず定期的に換気を行いましょう。


●空気清浄に役立つアイテムを活用する


空気清浄アイテムは有害な物質を吸収し、空気を浄化する効果があります。


換気を始め、ダニやカビの対策にも有効です。


完璧に防げるわけではないですが、持っておいて損はないでしょう。


アイテムの代表例としては、観葉植物や加湿器が挙げられます。


特に観葉植物はおしゃれな雰囲気も出るので、インテリア好きな人におすすめです。


●掃除はなるべく毎日行う


掃除が面倒だからと怠ってはいませんか?


しかし、1日でも掃除を怠ると、あっという間にホコリが溜まっていきます。


そのため、掃除はなるべく毎日行いましょう。


掃除機をかける時間がないときは、簡単なモップ掛けやふき掃除でも構いません。


はたまた予算に余裕があれば、ルンバなどのロボット掃除機を導入するのも1つの選択肢です。


掃除が大事であるということを頭に入れておきましょう。


●日光を積極的に取り入れる


日光には、殺菌効果があります。


カビやダニの対策に有効なので、日中の時間帯は積極的に日光を取り入れましょう。


また、カーペットや寝具などの日干しも行うとベストです。


現在の日本におけるシックハウス症候群の状況


シックハウス症候群の問題を受け、2003年7月にはシックハウスの原因となる物質を規制する建築基準法の改正案が施行されました。


この改正案により、2003年7月1日以降に着工する建物では、原因物質となるホルムアルデヒドやクロルピリホスの使用が制限されました。


実際にシックハウス対策の義務付けを強化したことで、シックハウス症候群による相談件数はピーク時に比べて大幅に減少しています。


下記のグラフをご参照ください。





参照元:大阪健康安全基盤研究所


こちらは、大阪健康安全基盤研究所が調査を行った「シックハウスに関する相談件数」をまとめたデータです。


昨今の相談件数は、2003年前後に比べてだいぶ減少していることが分かります。



しかし、まだ完全に無くなった訳ではないので、油断せず対策に臨んでいきましょう。


まとめ


シックハウス症候群は、ひとたび発症すると生活に大きな支障をきたします。


特に新築は、化学物質の揮発にも影響するため要注意です。


しかし、シックハウス症候群は対策や予防を徹底することで、発症のリスクを抑えられます。


そのため、既に新築にお住まいの方、これから新築に住む予定のある人は、本記事で解説したポイントを抑えてシックハウス対策に臨みましょう。



茨城県でオシャレな家を建てるなら完全自由設計の株式会社RISE(ライズ)

茨城県つくばみらい市の小さな工務店【株式会社RISE(ライズ)】は、元プロキックボクサー・大工歴20年・2児のシングルファーザーのイケメン社長が「もっとオシャレでカッコいいデザイン住宅を建てたい!」との思いで始めた会社です。


ちょっと人見知りで口下手な社長ですが、お気軽にお問合せください^^

 

茨城県つくばみらい市

【小さな工務店】

🏡株式会社RISE🏡

新築住宅・リフォーム、店舗回収etc...

お家の事ならライズにお任せください‼️

ライズでは一緒に働きたい職人さんも随時募集中です😊

お気軽にお問合せください✨✨

☎︎0297-37-6477

 

閲覧数:30回0件のコメント